ブログ

Trusted Advisor がコンソールで使えるようになったようです。

投稿日:2014年8月5日 更新日:

tad.jpg
公式ブログでも案内が出ていますが、Trusted Advisorという機能がAWSコンソール上から標準で使えるようになったようです。
読んで字のごとく、信頼できるアドバイザー。
コスト面やサーバ容量の余裕具合などをチェックしてくれる機能だそうです。
これまでは有料だったのが、今回を機に無料化されたようです。
太っ腹のAWSが益々好きになりましたハートたち(複数ハート)
プログラムを書きながらインフラをやるという二足のわらじを履いているせいが、いまいちAWSのみに集中できない日々が続いてますが、AWSを使ったビジネスモデルというものも、模索していきたいところです。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

固定IPにElasticIP

固定IPを割り振るには、やはりElasticIPを使うので正解でした。 左メニューの中から「Elastic IP」を選びます。 取得するのは非常に簡単なので詳細は割愛。 「Allocate New A …

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …

no image

memcacheを使う

サーバが複数台になると、セッションを共有しておかなければならない。 セッションが共有されないと、サーバの割り振りが変わるタイミングで、買い物中のかごの中身が空になってしまう セッションの保存方法は3つ …

no image

パーミションのおさらい

AWSというよりは、Linuxの基礎になるんだけど。 必ず誰しもがハマるであろうパーミション これをしっかり考えながらやらないと、後々面倒なことになるのだ。 ■パーミションとは パーミションとは、各デ …

no image

gmail経由でdocomo宛にメールが届かない

メールサーバの構築を検討しています。 普段であれば、postfixを使ってサーバを立てるのですが、outbound25対策を考えるのが面倒になってきたので、googleのsmtpサーバ経由で送信するこ …