ブログ

SVN サーバ構築

投稿日:2015年3月5日 更新日:

ライブラリ管理のSVNサーバをEC2上に構築しました。
EC2インスタンスを起動し、httpdが起動しているところまで準備します。
(手順な省略。ググってみてください)
1SVNインストール
yumコマンドを使って簡単インストール。
> yum -y install subversion
問題なくサックリインストール完了。
2リポジトリディレクトリ作成
リポジトリとなるディレクトリを任意の場所に作成。
この場所が今後の基準になる。
> mkdir -p /var/www/svn
今回は/var/www/の配下にsvnディレクトリを作成。
そこをHOMEとすることとした。
3WWW設定
yumでインストールをすると、/etc/httpd/conf.d 配下に subversion.conf が作成される。
subversion.confを編集
> cd /etc/httpd/conf.d/
> vi subversion.conf
修正したのはアクセス制限の場所のみ。
社内からのみアクセスが出来るようにIP制限を設定
4ユーザの設定
subversion.conf 内の AuthzSVNAccessFile で指定されたファイルにアクセスするユーザを追加する。
↓のページが参考になります。
5リポジトリ作成
2で作成したディレクトリにリポジトリを作成する。
> svnadmin create /var/www/svn/test
6 クライアントからの接続
クライアントPCにTortoiseSVN にインストールしてリポジトリブラウザで接続を確認。
> http://hostname/repos/test
リポジトリブラウザで参照できれば準備完了。
リポジトリブラウザ上からファイルを追加して、リポジトリの準備完了。
7trunk、branches、tagsディレクトリ
trunkやbranchに分けるときのために、予めディレクトリを分けるのもあり。
以下のようにする。
svnadmin mkdir /var/www/svn/test/trunk -m create
svnadmin mkdir /var/www/svn/test/branched -m create
svnadmin mkdir /var/www/svn/test/tags -m create
チェックアウト、更新⇔コミットまで出来たら設定完了。
▼VSSの時代は終わった。SVNを使ってみよう!

実用 Subversion 第2版

新品価格
¥3,672から
(2015/3/5 16:50時点)

▼今回参考にしたサイトです。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

s3マウントが解除される

ec2からs3のbucketをマウントして利用している。 これまで数ヶ月特に問題もなく使えていたのだが。 突然接続が解除されてしまった。 ユーザーからファイルのアップロードが出来ないという問合せで気づ …

no image

RDSでDBインスタンスを無料枠で作成する

EC2を使ってWEBサーバは作った。 次はデータベースサーバを作りたい。 せっかくだから、データベースサーバは別サーバにしたい。 リソースをWEBサーバとDBサーバとで分離したいのだ。 まず、DBサー …

no image

memcacheを使う

サーバが複数台になると、セッションを共有しておかなければならない。 セッションが共有されないと、サーバの割り振りが変わるタイミングで、買い物中のかごの中身が空になってしまう セッションの保存方法は3つ …

no image

EC2にGitを導入

EC2にGitを導入です。 Gitとはバージョン管理ツールです。 Svnの類似品と考えるとわかりやすいかな。 GitとSVNの違いはローカルリポジトリの有無。 ローカルリポジトリに一旦入れた後、まとめ …

無料SSLと有料SSLの違いって何?メリデメ紹介

目次 無料SSLは危険?セキュリティ危ないの?無料SSLのセキュリティは大丈夫?有料と無料で何が違うのか?1.費用の違い2.サポートの有無3.付加サービスの有無有料が無難でオススメ!無料は使い所大事! …