ブログ

SVN サーバ構築

投稿日:2015年3月5日 更新日:

ライブラリ管理のSVNサーバをEC2上に構築しました。
EC2インスタンスを起動し、httpdが起動しているところまで準備します。
(手順な省略。ググってみてください)
1SVNインストール
yumコマンドを使って簡単インストール。
> yum -y install subversion
問題なくサックリインストール完了。
2リポジトリディレクトリ作成
リポジトリとなるディレクトリを任意の場所に作成。
この場所が今後の基準になる。
> mkdir -p /var/www/svn
今回は/var/www/の配下にsvnディレクトリを作成。
そこをHOMEとすることとした。
3WWW設定
yumでインストールをすると、/etc/httpd/conf.d 配下に subversion.conf が作成される。
subversion.confを編集
> cd /etc/httpd/conf.d/
> vi subversion.conf
修正したのはアクセス制限の場所のみ。
社内からのみアクセスが出来るようにIP制限を設定
4ユーザの設定
subversion.conf 内の AuthzSVNAccessFile で指定されたファイルにアクセスするユーザを追加する。
↓のページが参考になります。
5リポジトリ作成
2で作成したディレクトリにリポジトリを作成する。
> svnadmin create /var/www/svn/test
6 クライアントからの接続
クライアントPCにTortoiseSVN にインストールしてリポジトリブラウザで接続を確認。
> http://hostname/repos/test
リポジトリブラウザで参照できれば準備完了。
リポジトリブラウザ上からファイルを追加して、リポジトリの準備完了。
7trunk、branches、tagsディレクトリ
trunkやbranchに分けるときのために、予めディレクトリを分けるのもあり。
以下のようにする。
svnadmin mkdir /var/www/svn/test/trunk -m create
svnadmin mkdir /var/www/svn/test/branched -m create
svnadmin mkdir /var/www/svn/test/tags -m create
チェックアウト、更新⇔コミットまで出来たら設定完了。
▼VSSの時代は終わった。SVNを使ってみよう!

実用 Subversion 第2版

新品価格
¥3,672から
(2015/3/5 16:50時点)

▼今回参考にしたサイトです。

-ブログ

執筆者:

関連記事

GMOクラウド(Altus)IPベースのSSL設置に注意

GMOクラウド(Altus)はNATが使われている GMOクラウド(Altus)では、NAT機能が使われている。 NATとは、グローバルIPアドレスをローカルIPアドレスに変換する機能のこと。 &nb …

no image

tmp領域のチューニング

MySQLのCPU使用率が300%()を超える事態に襲われている。 原因をいろいろ調査するも、明確な打開策は見いだせず そんな中、見つけたのがtmp領域のチューニング。 http://k-1-ne-j …

no image

主要サーバ vs EC2 ベンチマーク測定結果

有名ドコロのサーバのベンチマークを比較してみました。 対象は4種類 ・さくら専用サーバ ・さくらVPS ・amazon ec2(t2.small) ・amazon ec2(t2.micro) 1コア辺 …

no image

固定IPにElasticIP

固定IPを割り振るには、やはりElasticIPを使うので正解でした。 左メニューの中から「Elastic IP」を選びます。 取得するのは非常に簡単なので詳細は割愛。 「Allocate New A …

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …