ブログ

レンタルサーバー?VPS?専用サーバー?

投稿日:

今回はサーバーを選定する基準をご紹介します。

どのサーバーがいいのかを決めきれない方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

サーバーの種類

サーバーと言ってもいろんな種類があります。

大きく4種類に分類されます。

 

  1. レンタルサーバー
  2. VPS
  3. 専用サーバー
  4. クラウド

 

厳密には、各々でサイズやプランがあり、数多い種類から選ぶことになります。

実際にサーバーを契約するときに、迷いますよね。

 

レンタルサーバー~クラウドまで、ほぼ使える機能は変わりません。

専門的知識がある人にとっては差が出ますが、ただ使うだけであれば出来ることはほぼ変わりません

 

サーバーによっての違い

サーバーによって出来ることがほぼ変わらないのなら、なにが違うの?

当然の疑問ですね。それを解説します。

 

前述の1~4をさらに分類訳すると、2分化されます。

 

<自由度なし>

  • レンタルサーバー

 

<自由度あり>

  • VPS
  • 専用サーバー
  • クラウド

 

自由度というのは、サーバー内部の細かい設定を、自身で出来るか否か。です。

 

レンタルサーバーはサーバー内部の調整がほぼ出来ません。

サーバー会社が決めた設定に基づいて利用する。というものです。

 

VPSや専用サーバーは、自由度がありサーバー内部の設定が自由に変更できます。

専門知識がある人向けのサーバーと言えます。

 

VPSや専用セーバーでは、SSHという接続方式のユーザを割り当てられます。

SSHでログインが出来ると、コマンドを使って様々な設定が出来るようになります。

 

一部のレンタルサーバーでもSSHが使えるサーバーがありますが、

権限に制限があり、あまり自由ではありません。

 

さくらのVPSやクラウドでは、root権限(=最高実行権限)が割り当てられるため、様々なインストール作業も出来るし、技術的な調査や検証も可能になり、サーバーの用途が広がります。

 

サーバーのメリットデメリット

各サーバーのメリット&デメリットを整理します。

 

 メリットデメリット
レンタルサーバー手軽
安い
メールアドレスが標準で使える
自由度が無い
制限が多い
VPS手軽
安い
自由度高い
パフォーマンスに難あり
サーバー設定は自己責任
メールアドレスが標準で使えない
専用サーバー自由度高い
ハイパフォーマンス
難易度高い
専門知識必須
すべて自己責任
メールアドレスが標準で使えない
クラウド拡張性高い
ハイパフォーマンス
自由度高い
難易度高い
専門知識必須
すべて自己責任
メールアドレスが標準で使えない

 

サーバーの用途に応じて適切なサーバーを選定しましょう!

 

各サーバーの用途と特徴

各サーバーの用途と特徴を整理します。

 

■レンタルサーバー

<用途>

ホームページやBlogの運営、軽度なECサイト運営 に適しています。

 

<特徴>

アクセス数が少なく軽度なサイト運営に適しています。基本的な設定のみで手軽にサイト開設が可能です。

 

WordPressやEC-CUBEのインストール機能が備わっているレンタルサーバーも多く、初心者向けのサーバーです。

 

ドメイン取得もレンタルサーバーから割り当てられる管理画面から簡単に出来ます。

サイト運営を始められる方にお勧めです。

 

>>>レンタルサーバー一覧はこちら

 

■VPS

<用途>

中規模クラスのECサイトや軽度なSNSサイト に適しています。

 

<特徴>

VPSは1台の専用サーバー内で割り当てられた領域をサーバーとして使います。つまり、1台のサーバー内に複数のVPSが稼動するため、サーバーのCPUやメモリなどのリソースを共用しています。どれか1つのVPSが高負荷になった場合、その影響を受けてしまい回避不可能です。

 

自由度は高いものの、負荷の高いWEBサービスを運用するには適していません。運営しているサイトが成長して負荷が高くなってきた場合は、専用サーバーへの引越しも検討しましょう。

 

負荷が気にならない間は、VPSのまま運営を続けても問題ありません。

 

>>>VPS一覧はこちら

 

■専用サーバー

<用途>

専門性や負荷の高いWEBサービスや、データ解析サーバー に適しています。

 

<特徴>

完全に独立したサーバーなので、外部からの影響をまったく受けないのが特徴です。ただし、サーバー内部の設定に関しては全て自己責任となるので、専門知識が無いとまず運用できません。

 

大量データを解析したり、専門性が高く十分なアクセスが見込める場合は、専用サーバーの利用がお勧めです。途中でメモリ増設やネットワーク増強など、インフラの拡張も出来ます。

 

 

■クラウド

<用途>

WEBサービスの成長が大いに見込める場合 に適しています。

 

<特徴>

WEBサーバーやDBサーバーをクリック操作のみで複製できるのが最大の特徴です。バックアップもサーバー単位で取得が可能で、復元も非常に簡単です。サーバーの増設やメモリの増強も非常に簡単に出来ます。

 

ただし、利用する機器毎に費用が発生するのと、正しく設計して使用する必要があります。知識が無いまま利用してトラブルが発生すると、復旧するのが非常に難しくなります。

 

無駄なコストをかけずに絶妙の構成を維持するためには、かなり高度な専門知識が必要となります。1台あたりのコストは安いですが、簡単に増強が出来る分、コストチェックが非常に重要です。

 

>>>クラウド一覧はこちら

-ブログ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Trusted Advisor がコンソールで使えるようになったようです。

公式ブログでも案内が出ていますが、Trusted Advisorという機能がAWSコンソール上から標準で使えるようになったようです。 http://aws.typepad.com/aws_japan/ …

no image

主要サーバ vs EC2 ベンチマーク測定結果

有名ドコロのサーバのベンチマークを比較してみました。 対象は4種類 ・さくら専用サーバ ・さくらVPS ・amazon ec2(t2.small) ・amazon ec2(t2.micro) 1コア辺 …

no image

AmazonWebServiceのアカウント作成

AmazonWebServiceを使うにはアカウントが必要です。 アカウントの取得には、以下のものを手元に準備しましょう ・電話(携帯/固定どちらでも可) ・クレジットカード ↓のページにアクセスして …

no image

googleのメールサーバを活用

インフラを担当してかれこれ7~8年になります。 いろんな環境を作ってきました。 が、7~8年目にして、メールサーバの構築を諦めました(笑) 理由はリスクが高すぎるから ビジネスモデルによっては、独自の …

no image

gmail経由でdocomo宛にメールが届かない

メールサーバの構築を検討しています。 普段であれば、postfixを使ってサーバを立てるのですが、outbound25対策を考えるのが面倒になってきたので、googleのsmtpサーバ経由で送信するこ …