ブログ

memcacheを使う

投稿日:2014年8月6日 更新日:

サーバが複数台になると、セッションを共有しておかなければならない。
セッションが共有されないと、サーバの割り振りが変わるタイミングで、買い物中のかごの中身が空になってしまうもうやだ〜(悲しい顔)
セッションの保存方法は3つある。
  • ファイル共有
  • DBに保存する
  • memcacheを使う
ファイル共有であれば、S3を使うのがベストだろう。
DBに保存はDynamoDBが良いと思う。Mysqlでも出来ると思うけど、DynamoDBが簡単そうだ。
今回はMemcacheを使ってみる。
EC2にMemcacheを入れても良いのだが、ElastiCacheがあるのだから、それを使う。
設定は非常に簡単だ。
# vi /etc/php.ini
; session.save_handler = files // コメントアウト
; session.save_path = “/var/lib/php/session” // コメントアウト

session.save_handler = memcached // コメントアウトをはずす
session.save_path = “tcp://localhost:11211” // 追記

php.iniのセッションの設定をのように変更するだけだ。
tcpのところは、Elasticacheに割り当てられた、ホスト名とポート番号を指定するだけ。
これで、セッション共有ができました。
簡単ですね~わーい(嬉しい顔)

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

AWS SESサービスを使ってみる

AWSに最近登場したサービスSES メール送信サーバ(SMTP)です。 メールサーバを作るには、DNSの仕組みを理解する必要があったり、なかなか曲者。 迷惑メール対策も必要なんだけど、マニュアルも難し …

no image

nginxを導入してみた

世界的にメジャーなWEBサーバといえば apache (Apache Software Foundation!) IIS (Microsoft) apacheはLinux系のWEBサーバなら大抵の人が …

no image

RDSのtimezoneが"UTC"固定だったとは。。

拡張性もフレキシブルで世界規模で可用性も高いという評判だけど。 やはりそんな単純にはいかないのがインフラの世界。 必ずどこかでハマります EC2⇔RDS(Mysql)でLAMP環境を作ったのですが。 …

no image

centos6系にyumでnginxをインストール

目次 nginxとはyumでインストールリポジトリインストール本体インストールインストール確認(バージョン確認)nginxを使うならVPS関連 nginxとは apacheやIISと並んで最近注目され …

no image

info宛にメールが送れない?

某サーバ(AWSじゃないです)にて、postfix+dovecotでメールサーバを構築。 インストールや設定などは、ググって難なく設定完了。 とりあえず、メールサーバの仕様。 ・送信ポートは587 ・ …