ブログ

cpコマンドで強制的に上書きしたい!

投稿日:2015年6月11日 更新日:

Linuxでファイル操作をしていると必ず出てくるのがコピー処理。
Windowsの場合は、Ctrl+C→Ctrl+Vの組み合わせで出来ますね。
そう、コピペです!
Linuxの場合は、cpコマンドでコピーします。
ただ、Linux(Centos)の場合は、デフォルトで上書きを確認する仕様になっています。
最初から上書きして大丈夫!と思っていても、
cpコマンドで都度 yes/no を確認されます。
これって、安全なんだけど、ファイルがたくさんあるときには
意外と イラッむかっ(怒り) としませんか?
それを解消する方法があるんです。
1.恒久対応
cpコマンドで聞かれるということは、強制的に cp -i オプションが付いているということ。
すなわち、alias化されているわけです。
aliasをカスタマイズしてしまえば、解消されるのです。
2.一時的対応
恒久対応は怖い。という人には、一時的対応がオススメ。
内容は超簡単で、cpコマンドの前にバックスラッシュ(¥)を付けるのです。
▼コマンド例
\cp -ar file1.txt ../file2.txt
これで、強制的に上書きできます。
ちなみに私は2の一時的対応で毎回対応しています。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

AWSを初めて見た

大手ショッピングサイトの代名詞でもあるAmazonが提供するAmazon Web Service 属に言われるクラウドコンピューティング。 物理サーバを買う必要も無く、なによりもデータの保全性が高いと …

no image

EC2にGitを導入

EC2にGitを導入です。 Gitとはバージョン管理ツールです。 Svnの類似品と考えるとわかりやすいかな。 GitとSVNの違いはローカルリポジトリの有無。 ローカルリポジトリに一旦入れた後、まとめ …

GMOクラウド(Altus)IPベースのSSL設置に注意

GMOクラウド(Altus)はNATが使われている GMOクラウド(Altus)では、NAT機能が使われている。 NATとは、グローバルIPアドレスをローカルIPアドレスに変換する機能のこと。 &nb …

no image

maillogトラブル時の対処法

メールログに異変が起きた場合の対処法です ◆メールログが出力されない /var/log/maillogは、postfixやsendmailでサーバ内部からメールを送信する時に出力されます。 syslo …

no image

AWS SESサービスを使ってみる

AWSに最近登場したサービスSES メール送信サーバ(SMTP)です。 メールサーバを作るには、DNSの仕組みを理解する必要があったり、なかなか曲者。 迷惑メール対策も必要なんだけど、マニュアルも難し …