ブログ

HDDの容量復活

投稿日:2014年7月2日 更新日:

先日の記事の通り、HDDがFullになってしまった。
EBSというStorageサービスを使って、拡張してみたのだ。
その結果、大幅な拡張に成功したのだ!
[root@ tmp]# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/xvda1      378G  8.1G  370G   3% /
devtmpfs         15G   12K   15G   1% /dev
tmpfs            15G     0   15G   0% /dev/shm
これでしばらくは大丈夫だと思う。
ディスクアラートも設置したので、Full前に通知が来るので安心だ。
今後はメンテナンス運用も確立していかないとな。
ちなみにHDDの拡張は、SnapshotからのEBSVolumesを使わなくても出来るらしい。
それを使っとけば、もっとスムーズだったのかもふらふら
いいお勉強になりましたとさ。
次は、Javaを入れてみます。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

EC2にEC-CUBEでTimezone

EC2→RDS(Mysql)でEC-CUBEを導入します。 導入手順 1.EC2インスタンス作成(t2.micro) 2.RDSインスタンス作成(t2.micro) 3.EC2にLAMP環境構築 4. …

no image

gmail経由でdocomo宛にメールが届かない

メールサーバの構築を検討しています。 普段であれば、postfixを使ってサーバを立てるのですが、outbound25対策を考えるのが面倒になってきたので、googleのsmtpサーバ経由で送信するこ …

no image

cpコマンドで強制的に上書きしたい!

Linuxでファイル操作をしていると必ず出てくるのがコピー処理。 Windowsの場合は、Ctrl+C→Ctrl+Vの組み合わせで出来ますね。 そう、コピペです! Linuxの場合は、cpコマンドでコ …

no image

BarracudaでMySQLのチューニング

MySQL5.5から追加されたBarracuda機能で性能改善。 理屈的には通信データを圧縮することで転送時間を短くすることで、性能が早くなるということ。 圧縮が発生するということはCPUパワーを使う …

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …