ブログ

ElastiCacheでmemcache

投稿日:2014年7月23日 更新日:

ElastiCacheでmemcache。
インスタンスの生成は前回お知らせしたとおり、基本的にクリックのみw
超簡単。
ポイントは2つかな。
1.Subnet Group
VPCのどのSubnetからアクセスするかを指定する必要があります。
指定しなければデフォルトになるのでしょうが、明示的に指定したほうが気持ちが良いですよね。
2.Security Group
ポート番号を開放する必要があります。
MemcacheはGUIツールで状況が確認できますので、SecurityGroupの設定が必要です。
Memcacheのインスタンス生成後、EC2からの接続を確認します。
接続確認にはtelnetコマンドが便利ですね。
telnetは一昔前のコマンドだけど、接続を確認する程度ならいまでも十分に重宝します。
> # telnet memcacheのendpoint ポート番号
エンドポイントはElastiCacheの管理画面で確認します。
ポート番号も管理画面から確認しますが、デフォルトなら11211です。
EC2からのコマンドレベルでの接続が確認できれば、設置完了!
▼Linuxを身につけるにはVPSがベスト!

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

info宛にメールが送れない?

某サーバ(AWSじゃないです)にて、postfix+dovecotでメールサーバを構築。 インストールや設定などは、ググって難なく設定完了。 とりあえず、メールサーバの仕様。 ・送信ポートは587 ・ …

no image

googleのメールサーバを活用

インフラを担当してかれこれ7~8年になります。 いろんな環境を作ってきました。 が、7~8年目にして、メールサーバの構築を諦めました(笑) 理由はリスクが高すぎるから ビジネスモデルによっては、独自の …

no image

topコマンドでshift+o が秀逸すぎた

システムの負荷を確認する時によく使うのがtopコマンド。 自分の場合は1秒ディレイで確認することが多い。 ▼コマンド root> top -d 1 1秒間隔で負荷の状態が見えるのはいいが、重いプ …

no image

post commit FS processing had error:

post commit FS processing had error:SVNにコミット時に起きるエラー。パーミションの変更で解消できる(例) chmod 664 /home/svn/Project/ …

no image

主要サーバ vs EC2 ベンチマーク測定結果

有名ドコロのサーバのベンチマークを比較してみました。 対象は4種類 ・さくら専用サーバ ・さくらVPS ・amazon ec2(t2.small) ・amazon ec2(t2.micro) 1コア辺 …