ブログ

ElastiCacheでCacheサーバ構築

投稿日:2014年7月18日 更新日:

WEBサービスの高速に欠かせないCache機能を導入してみます。
AWSにはElastiCacheというCacheサービスが有りますので、それを使います。
一昔前は手動でmemcachedを入れたりしていましたが、今ではワンクリック。
便利な世の中になったものですハートたち(複数ハート)
ec.jpg
AWSサービスの中からElastiCacheを選びます。
Elastiというのは辞書をひくと「伸縮性」という意味なので、拡張性が柔軟なんでしょう。
AWSの魅力の一つですよね。
Get Started Now
ボタンから始めます。
Step1
ecstep1.jpg
Step2
ecstep2.jpg
Step3
ecstep3.jpg
3ステップを淡々と入力すれば完了です。
これで、ElastiCacheサービスを使ったCacheサーバの完成です。
非常に簡単ですね!
▼日額わずか31円でLinuxの勉強が出来る!
ElastiCache
ガイド(英語)→http://docs.aws.amazon.com/AmazonElastiCache/latest/UserGuide/WhatIs.html
参考サイト→http://recipe.kc-cloud.jp/archives/5656

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

memcacheを使う

サーバが複数台になると、セッションを共有しておかなければならない。 セッションが共有されないと、サーバの割り振りが変わるタイミングで、買い物中のかごの中身が空になってしまう セッションの保存方法は3つ …

no image

ELBへのElastic IPを割り当てる?

ELB = Elastic Load Balancer 通常WWWサーバよりも上位に置くため、WWW上のアクセスを真っ先に受け付ける。 そのため、通常はELBにグローバルIPを割り振るのが普通だ。 し …

no image

ElastiCacheでmemcache

ElastiCacheでmemcache。 インスタンスの生成は前回お知らせしたとおり、基本的にクリックのみw 超簡単。 ポイントは2つかな。 1.Subnet Group VPCのどのSubnetか …

no image

セッションタイムアウトを設定する

セッションタイムアウトと聞くとまず思いつくのがhttpdのセッションタイムアウト。 ec2のhttpdのデフォルトは60秒になっている。 WEBアプリのCSVアップロードを試したところ、60秒では全く …

PHPでPOSTかGETかを判定する

PHPでPOST/GETを判定する場合は、以下のコードで調べることが可能。 POSTのみおよび、GETのみで処理を分岐する場合に使える。   if($_SERVER[“REQUEST_MET …