ブログ

EC2にEC-CUBEでTimezone

投稿日:2015年1月17日 更新日:

EC2→RDS(Mysql)でEC-CUBEを導入します。
導入手順
1.EC2インスタンス作成(t2.micro)
2.RDSインスタンス作成(t2.micro)
3.EC2にLAMP環境構築
4.MySQLにデータベース作成
5.EC-CUBEインストール(手順はEC-CUBE標準でOK)
導入までは標準でいいのですが、問題はDBに保存する時の時間(タイムスタンプ)です。RDSは基本的にUTCになっていて、変更することが出来ません。このままプログラムを動作させてしまうと、日本とは9時間の時間差が出てしまいます。
日本にて操作するなら、タイムスタンプも日本時間にしておきたいところです。
対応策
/data/module/MDB2/Driver/mysql.php
connectメソッド内でデフォルトのtimezoneに+9時間をしてあげることで回避できます。
以下の1文を追加。
$this->_doQuery("SET time_zone = '+9:00'", false, $connection);
$this->connection = $connection;
$this->connected_dsn = $this->dsn;
$this->connected_database_name = '';

海外製クラウドだと日本製と違ってこういうのもたまには有りますよね。
なにごとも経験です(笑)

▼参考にしたサイト
http://blog.serverworks.co.jp/tech/2012/03/14/ec-cube-on-aws-install/


-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

s3マウントが解除される

ec2からs3のbucketをマウントして利用している。 これまで数ヶ月特に問題もなく使えていたのだが。 突然接続が解除されてしまった。 ユーザーからファイルのアップロードが出来ないという問合せで気づ …

no image

HDDの容量が満タンになってしまった!

トラブルは突然やってくる。 AWSのHDDが限界に達してしまったのだ とりあえず、HDDの容量を増やすしか無い。 真っ先に考えたのが、インスタンスタイプの変更。 これで自動的にHDDの容量が増えるもの …

no image

ElastiCacheでCacheサーバ構築

WEBサービスの高速に欠かせないCache機能を導入してみます。 AWSにはElastiCacheというCacheサービスが有りますので、それを使います。 一昔前は手動でmemcachedを入れたりし …

no image

memcacheを使う

サーバが複数台になると、セッションを共有しておかなければならない。 セッションが共有されないと、サーバの割り振りが変わるタイミングで、買い物中のかごの中身が空になってしまう セッションの保存方法は3つ …

no image

SVN サーバ構築

ライブラリ管理のSVNサーバをEC2上に構築しました。 EC2インスタンスを起動し、httpdが起動しているところまで準備します。 (手順な省略。ググってみてください) SVNインストール yumコマ …