ブログ

WEBサーバからDBサーバに繋いでみる

投稿日:2014年4月22日 更新日:

RDSを使って、MySQLサーバを作るところまでは、前回の記事で紹介したとおり。
インスタンスは何度も作り直しができるから、1回で上手く行かなくても諦めずに頑張ってね。
さて、EC2でWEBサーバを構築し、RDSでDBサーバを構築した。
次に必要なことは、WEBサーバからDBサーバーにつなぐこと。
これが出来ないと、2台に分けた意味がありません(笑)
接続を確認するのにいろいろと方法は考えた。
プログラムで簡単なアプリを作ることも考えたけど、どうせならということで、phpmyadminを入れることにした。
どうせ、使うしね。
phpmyadminは、以下のサイトから取得する。
お使いのサーバに適したphpmyadminを取得してくださいね。
一応僕がやるときは、wgetコマンドで直接サーバにダウンロードしちゃいます。
どこかのPCを経由するのが面倒なので。
phpmyadminの設定は簡単。ポイントは2つ。
・httpdの設定
・phpmyadminの設定
以下のサイトが参考になるかな。
さて、ここまでできたら、あとは接続を確認するのだ。
問題はDBの接続情報だ。ホスト名とかユーザ名とか。
僕の直感的に、RDSのどこかに書いてあるだろう。と思っていたら、やっぱりあったw
こういう情報って、目立たないところに書いてあったりするんだよね。大抵の場合。
rds.jpg
注目スべきは以下の2つ。
・Endpoint
・ConfigurationDetails
ここに全ての接続情報が載っている。
phpmyadminのconfig.inc.phpファイルの以下の行を変更する。
$cfg[‘Servers’][$i][‘host’] = ‘mydbinstance.**********.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com’;
これで、接続設定は完了。
あとは、httpdに設定したパスのとおりにhttp経由でphpmyadminにアクセスして、ログインしてみる。
ログインまでできたらOK!
ちなみに、DBサーバには、http経由だけでなくSSHでも接続できるよ。
必要なら試してみてね。
じゃ!

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

ElastiCacheでmemcache

ElastiCacheでmemcache。 インスタンスの生成は前回お知らせしたとおり、基本的にクリックのみw 超簡単。 ポイントは2つかな。 1.Subnet Group VPCのどのSubnetか …

no image

GITサーバにssh接続でpermission denied(publickey)

GITサーバにSSH経由でpushするときにエラー発生。 Permission denied (publickey). 接続時になにかエラーが起きているようだ。 それを調べるには「-vvv」オプション …

no image

EC2にFTPインストール

AWSでFTPは(たぶん)非推奨。セキュリティグループでFTPの項目が出てこないのです。 おそらく、SCPが推奨されてるんだと思います。 とはいっても、普段の開発でFTPの方が断然慣れてるよ! という …

no image

MySQL5.1→5.6 アップデート

MySQLが超高負荷状態で頻繁にロックするため、いろいろ調査した結果、とりあえずバージョンアップは必須。となりました。 ということで、MySQLを5.1→5.6にアップデートしました。 ThinkIT …

no image

RDSでDBインスタンスを無料枠で作成する

EC2を使ってWEBサーバは作った。 次はデータベースサーバを作りたい。 せっかくだから、データベースサーバは別サーバにしたい。 リソースをWEBサーバとDBサーバとで分離したいのだ。 まず、DBサー …