ブログ

RDSを無料にするには、Backup設定も加味する必要があった

投稿日:2014年4月14日 更新日:

RDSでmysqlサーバを構築した。
容量は20GBで無料枠にしたつもりだった。
しかし、どうもそれだけでは足りないらしい。
▼このサイトが参考になりましたよ
というわけで、早速設定を変更してみました。
db_instance.jpg
Apply Immediatelyのチェックを付けると、即効反映らしい。
が、反映されていないようだふらふら
もう少し時間がかかるのだろうか。しばらく様子を見てみることにする。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

gmail経由でdocomo宛にメールが届かない

メールサーバの構築を検討しています。 普段であれば、postfixを使ってサーバを立てるのですが、outbound25対策を考えるのが面倒になってきたので、googleのsmtpサーバ経由で送信するこ …

no image

メールサーバにGoogleを使用する

AWSじゃないけど。 メールサーバを作るのが嫌になってきました で、調べていたら、AWSにはSESというサービスが有る。 でも、それは送信のみのサービス。受信したい場合は使えない。 で、さらに探してい …

no image

EC2のWebサーバにSSLを導入する

個人情報を扱う会員制サイトには必須の存在であるSSL。 HTTP経由で通信されるバイト情報を、暗号化して情報の漏洩を防ぐのが目的だ。 個人情報を扱うサイトで、URLの先頭がhttpsになっていないペー …

no image

MySQL5.1→5.6 アップデート

MySQLが超高負荷状態で頻繁にロックするため、いろいろ調査した結果、とりあえずバージョンアップは必須。となりました。 ということで、MySQLを5.1→5.6にアップデートしました。 ThinkIT …

no image

SNI SSLでの常時SSLにご注意を(さくらレンタルサーバー)

SNIタイプSSLでの常時SSL化をするときの注意点をご紹介!   SSLとは SSLとは、HTTPによる通信を暗号化するプロトコルです。HTTPSと表現され、WEBサーバーとのデータのやり …