ブログ

RDSを無料にするには、Backup設定も加味する必要があった

投稿日:2014年4月14日 更新日:

RDSでmysqlサーバを構築した。
容量は20GBで無料枠にしたつもりだった。
しかし、どうもそれだけでは足りないらしい。
▼このサイトが参考になりましたよ
というわけで、早速設定を変更してみました。
db_instance.jpg
Apply Immediatelyのチェックを付けると、即効反映らしい。
が、反映されていないようだふらふら
もう少し時間がかかるのだろうか。しばらく様子を見てみることにする。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

SNI SSLでの常時SSLにご注意を(さくらレンタルサーバー)

SNIタイプSSLでの常時SSL化をするときの注意点をご紹介!   目次 SSLとはSNI SSLとはCMSでは要注意通常のサーバーですと、、SNI SSLサーバーですと、、対処法(さくらレ …

no image

ELBのHealth Checkの反応が遅い?

ELB = Elastic Load Balancer 負荷分散装置。 WWWサーバへの負荷を分散させる仕組みだ。 EC2の上位に配置した。というか、ELBに振り分けるEC2を割り当てた。 ELBの特 …

no image

BarracudaでMySQLのチューニング

MySQL5.5から追加されたBarracuda機能で性能改善。 理屈的には通信データを圧縮することで転送時間を短くすることで、性能が早くなるということ。 圧縮が発生するということはCPUパワーを使う …

no image

パーミションのおさらい

AWSというよりは、Linuxの基礎になるんだけど。 必ず誰しもがハマるであろうパーミション これをしっかり考えながらやらないと、後々面倒なことになるのだ。 ■パーミションとは パーミションとは、各デ …

no image

Jaws-UG 北陸勉強会 at 金沢

Jaws-UGのセミナーに来ました。 金沢のITビジネスプラザです。 本格的に使い始めてからの参加なので、少々気持ち的にも違います。 本当にいろいろ出来るインフラアーキテクトが面白い。 けど、底なしな …