ブログ

RDSを無料にするには、Backup設定も加味する必要があった

投稿日:2014年4月14日 更新日:

RDSでmysqlサーバを構築した。
容量は20GBで無料枠にしたつもりだった。
しかし、どうもそれだけでは足りないらしい。
▼このサイトが参考になりましたよ
というわけで、早速設定を変更してみました。
db_instance.jpg
Apply Immediatelyのチェックを付けると、即効反映らしい。
が、反映されていないようだふらふら
もう少し時間がかかるのだろうか。しばらく様子を見てみることにする。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

GITサーバにssh接続でpermission denied(publickey)

GITサーバにSSH経由でpushするときにエラー発生。 Permission denied (publickey). 接続時になにかエラーが起きているようだ。 それを調べるには「-vvv」オプション …

no image

topコマンドでshift+o が秀逸すぎた

システムの負荷を確認する時によく使うのがtopコマンド。 自分の場合は1秒ディレイで確認することが多い。 ▼コマンド root> top -d 1 1秒間隔で負荷の状態が見えるのはいいが、重いプ …

no image

ELBのHealth Checkの反応が遅い?

ELB = Elastic Load Balancer 負荷分散装置。 WWWサーバへの負荷を分散させる仕組みだ。 EC2の上位に配置した。というか、ELBに振り分けるEC2を割り当てた。 ELBの特 …

無料SSLと有料SSLの違いって何?メリデメ紹介

目次 無料SSLは危険?セキュリティ危ないの?無料SSLのセキュリティは大丈夫?有料と無料で何が違うのか?1.費用の違い2.サポートの有無3.付加サービスの有無有料が無難でオススメ!無料は使い所大事! …

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …