ブログ

メールサーバにGoogleを使用する

投稿日:2014年7月30日 更新日:

AWSじゃないけど。
メールサーバを作るのが嫌になってきましたもうやだ〜(悲しい顔)
で、調べていたら、AWSにはSESというサービスが有る。
でも、それは送信のみのサービス。受信したい場合は使えない。
で、さらに探していたら、こんな記事を発見!
ちょんまげ英語塾
GoogleのGMailサーバが使えるらしい。
しかも独自ドメインでも使えるらしい!
楽ちんな匂いがするその話に、早速飛びついた(笑)
史上最強のメールサーバーを得た気分!
必要なもの
・GoogleAppsForBusinessのアカウント(アッという間にできます)
・ホストドメインのDNS編集権限(MXレコードの追加が必要です)
google.jpg
無料試用期間があるので、迷うこと無く無料試用期間を最大限利用します。
DNSサーバにMXレコードを作ります。
DNSレコードの編集が出来ない場合は、さらにググってみてね。
dns_mx.jpg
アカウント作って、DNSの設定をしたら浸透を待って出来上がり♪
メールソフトを使って普通に疎通確認も出来ました。
簡単簡単♪
多少お金はかかるけど、メールサーバーを運営する精神負担を考えれば軽い物w
今後も、世界の巨人が提供する最強のインフラを最大限に活用していくと決めたのでした!

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

SNI SSLでの常時SSLにご注意を(さくらレンタルサーバー)

SNIタイプSSLでの常時SSL化をするときの注意点をご紹介!   目次 SSLとはSNI SSLとはCMSでは要注意通常のサーバーですと、、SNI SSLサーバーですと、、対処法(さくらレ …

no image

主要サーバ vs EC2 ベンチマーク測定結果

有名ドコロのサーバのベンチマークを比較してみました。 対象は4種類 ・さくら専用サーバ ・さくらVPS ・amazon ec2(t2.small) ・amazon ec2(t2.micro) 1コア辺 …

no image

ElastiCacheでmemcache

ElastiCacheでmemcache。 インスタンスの生成は前回お知らせしたとおり、基本的にクリックのみw 超簡単。 ポイントは2つかな。 1.Subnet Group VPCのどのSubnetか …

no image

Jaws-UG 北陸勉強会 at 金沢

Jaws-UGのセミナーに来ました。 金沢のITビジネスプラザです。 本格的に使い始めてからの参加なので、少々気持ち的にも違います。 本当にいろいろ出来るインフラアーキテクトが面白い。 けど、底なしな …

no image

Direct Connect

カテゴリー:Compute & Networking AWS クラウドサービスを利用するのにインターネットを使用する代わりの方法を提供するネットワークサービスです。 料金はポート時間ごとに計算 …