ブログ

topコマンドでshift+o が秀逸すぎた

投稿日:2014年9月24日 更新日:

システムの負荷を確認する時によく使うのがtopコマンド
自分の場合は1秒ディレイで確認することが多い。
▼コマンド
root> top -d 1
1秒間隔で負荷の状態が見えるのはいいが、重いプロセスを特定しようと思っても、すぐに切り替わってしまうため見るのが困難になることがあった。
そんな僕を救ってくれたのが、
shift + o
top コマンドで確認している途中に、上記のキーを押すのだ。
そうすると、並び替えが出来るのである。
2014-09-24_130532.jpg
* マークが付いているところでソートされるようだ。
希望の項目を選べば、お好きなところで並び替えができるのである!
▼参考URL
あ、ちなみに、TIME+に表示される時間の見方は知ってる?
100:11.23
上記の場合だと、
100分11秒と読むそうだ。
▼参考URL

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

Jaws-UG 北陸勉強会 at 金沢

Jaws-UGのセミナーに来ました。 金沢のITビジネスプラザです。 本格的に使い始めてからの参加なので、少々気持ち的にも違います。 本当にいろいろ出来るインフラアーキテクトが面白い。 けど、底なしな …

no image

googleのメールサーバを活用

インフラを担当してかれこれ7~8年になります。 いろんな環境を作ってきました。 が、7~8年目にして、メールサーバの構築を諦めました(笑) 理由はリスクが高すぎるから ビジネスモデルによっては、独自の …

no image

RDSでDBインスタンスを無料枠で作成する

EC2を使ってWEBサーバは作った。 次はデータベースサーバを作りたい。 せっかくだから、データベースサーバは別サーバにしたい。 リソースをWEBサーバとDBサーバとで分離したいのだ。 まず、DBサー …

no image

AWSを初めて見た

大手ショッピングサイトの代名詞でもあるAmazonが提供するAmazon Web Service 属に言われるクラウドコンピューティング。 物理サーバを買う必要も無く、なによりもデータの保全性が高いと …

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …