ブログ

maillogトラブル時の対処法

投稿日:2014年10月10日 更新日:

メールログに異変が起きた場合の対処法です
◆メールログが出力されない
/var/log/maillogは、postfixやsendmailでサーバ内部からメールを送信する時に出力されます。
syslog(システムロガー)によって管理されます。
メールをリレーする時に、相手のSMTPとの接続状況をログに出力してくれます。
正常ならOK、異常ならエラー内容を出力してくれます。
メール受信トラブルが起きた時に、真っ先に確認するログファイルになります。
内容は専門的なので、万人が見ても意味不明でしょう。
知識のある人に見てもらいましょう。
◆ログファイルがローテーションされない
ログファイルは、1つのファイルに出力し過ぎるとファイルサイズが大きくなりすぎて、閲覧するのにストレスが発生します。
それを回避するために、ある一定の日付やファイルサイズ毎に、ローテーションをする仕組みになっています。
(標準でなっていない場合は、独自での設定も可能です)
ファイルサイズを細かくローテーションすることで、閲覧するときのストレスもなくなるし、
ログに書き込むときの負荷も下がります。
しかし、あまりにも細かくしすぎると過去ログがアッという間に消えてしまうので、どれくらいログを残すかの設計は必要です。
過去ログは稀に必要になる時がありますから、保存期間の設定は非常に重要です。
メールログのローテーションは、syslog(システムロガー)が管理しています。
ローテーションがうまく行かなくなった場合は、なんらかの理由でシステムロガーに異常が起きたのでしょう。
◆対処方法
お察しの人もいるかと思いますが、メールログを管理しているのはシステムロガーです。
なにかトラブルが起きた時は、システムロガーを再起動しましょう。
/etc/init.d/syslogd
/etc/init.d/rsyslog
どちらかのデーモンがいるはずですので、迷わずに再起動しましょう。
再起動自体は一瞬ですので、特に影響も出ないでしょう。
(1秒分くらいのログを損失する程度です)
これで、システムロガーが管理しているログ全てが正常な状態に戻ります。
もし戻らない場合は、さらに深刻な状態ですので、もっと根本的な対応策が必要でしょうね。
今日は、ここまでとします。じゃ手(パー)

オークション代行で有名なQUICKDOが手掛ける新感覚オークションサイト「セルクル」
商品を預けるだけで出品完了。今なら出品手数料0円キャンペーン実施中。

公式サイトはこちら 晴れ

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

MySQL5.1→5.6 アップデート

MySQLが超高負荷状態で頻繁にロックするため、いろいろ調査した結果、とりあえずバージョンアップは必須。となりました。 ということで、MySQLを5.1→5.6にアップデートしました。 ThinkIT …

no image

nginx(エンジンエックス)の性能を検証してみた

目次 nginx性能検証検証環境◎サーバー◎環境◎検証ツール負荷測定想定値測定結果関連 nginx性能検証 workerプロセスで大量アクセス処理に向いていると評判のnginx 性能検証をしてみた。 …

no image

BarracudaでMySQLのチューニング

MySQL5.5から追加されたBarracuda機能で性能改善。 理屈的には通信データを圧縮することで転送時間を短くすることで、性能が早くなるということ。 圧縮が発生するということはCPUパワーを使う …

PHPでPOSTかGETかを判定する

PHPでPOST/GETを判定する場合は、以下のコードで調べることが可能。 POSTのみおよび、GETのみで処理を分岐する場合に使える。   if($_SERVER[“REQUEST_MET …

no image

Trusted Advisor がコンソールで使えるようになったようです。

公式ブログでも案内が出ていますが、Trusted Advisorという機能がAWSコンソール上から標準で使えるようになったようです。 http://aws.typepad.com/aws_japan/ …