ブログ

ELBにSSLを設定する

投稿日:2014年8月6日 更新日:

ELBにSSLを設定してみた。
通常のWEBサーバであれば、取得した公開鍵や証明書をサーバにUPして、Apacheに飲み込ませるのが一般的。
しかし、ロードバランサーを使う場合、大抵の場合はロードバランサー側に設定するのだ。
そうしないと、サーバを増やす毎にSSLの設定が必要とかいう面倒なことになるからだ。
SSLはRapidSSLで購入。安い上に即時発行なのが嬉しいところ。
ELBにも当然のようにSSLアクセラレータが付いています。
ELBへの設定はとっても簡単でした。
▼このサイトが参考になりました。
2014-08-06_110135.jpg
EC2コンソールからLoadBalancerを選び、Listnerに443(SSLのポート)を追加するのみでした。
追加するタイミングで、公開鍵や証明書を登録するだけでした。
あとは、ロードバランサー側で上手いこと繋いでくれました。
便利この上ないですね。AWSは。慣れれば最高に使いやすいクラウドかもしれません。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

RDSを無料にするには、Backup設定も加味する必要があった

RDSでmysqlサーバを構築した。 容量は20GBで無料枠にしたつもりだった。 しかし、どうもそれだけでは足りないらしい。 ▼このサイトが参考になりましたよ http://goo.gl/kZxWHD …

no image

RDSのtimezoneが"UTC"固定だったとは。。

拡張性もフレキシブルで世界規模で可用性も高いという評判だけど。 やはりそんな単純にはいかないのがインフラの世界。 必ずどこかでハマります EC2⇔RDS(Mysql)でLAMP環境を作ったのですが。 …

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …

no image

centos6系にyumでnginxをインストール

nginxとは apacheやIISと並んで最近注目されているWEBサーバーエンジン。   nginx=エンジンエックスと呼ぶ   アクセスごとにプロセスを起動するapacheとは …

no image

AWSを初めて見た

大手ショッピングサイトの代名詞でもあるAmazonが提供するAmazon Web Service 属に言われるクラウドコンピューティング。 物理サーバを買う必要も無く、なによりもデータの保全性が高いと …