ブログ

ELBにSSLを設定する

投稿日:2014年8月6日 更新日:

ELBにSSLを設定してみた。
通常のWEBサーバであれば、取得した公開鍵や証明書をサーバにUPして、Apacheに飲み込ませるのが一般的。
しかし、ロードバランサーを使う場合、大抵の場合はロードバランサー側に設定するのだ。
そうしないと、サーバを増やす毎にSSLの設定が必要とかいう面倒なことになるからだ。
SSLはRapidSSLで購入。安い上に即時発行なのが嬉しいところ。
ELBにも当然のようにSSLアクセラレータが付いています。
ELBへの設定はとっても簡単でした。
▼このサイトが参考になりました。
2014-08-06_110135.jpg
EC2コンソールからLoadBalancerを選び、Listnerに443(SSLのポート)を追加するのみでした。
追加するタイミングで、公開鍵や証明書を登録するだけでした。
あとは、ロードバランサー側で上手いこと繋いでくれました。
便利この上ないですね。AWSは。慣れれば最高に使いやすいクラウドかもしれません。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

ElastiCacheでmemcache

ElastiCacheでmemcache。 インスタンスの生成は前回お知らせしたとおり、基本的にクリックのみw 超簡単。 ポイントは2つかな。 1.Subnet Group VPCのどのSubnetか …

no image

迷惑な来客者「regular.bot」bashの脆弱性問題

世間を騒がせているBashの致命的な脆弱性。 CNET|Japanや、IPAでも注意を呼びかけています。 http://japan.cnet.com/news/service/35054245/ ht …

no image

ElastiCacheでCacheサーバ構築

WEBサービスの高速に欠かせないCache機能を導入してみます。 AWSにはElastiCacheというCacheサービスが有りますので、それを使います。 一昔前は手動でmemcachedを入れたりし …

no image

パーミションのおさらい

AWSというよりは、Linuxの基礎になるんだけど。 必ず誰しもがハマるであろうパーミション これをしっかり考えながらやらないと、後々面倒なことになるのだ。 ■パーミションとは パーミションとは、各デ …

no image

Billingでコスト管理

AWSは底なしにスケールアップできて堅牢性も高く安全性も高い。 そこまでインフラの知識がなくても、比較的簡単にサーバが作れてします。 一見見た目は、凄く便利でありがたいサービスだ。 しかし、使えば使う …