ブログ

ELBにSSLを設定する

投稿日:2014年8月6日 更新日:

ELBにSSLを設定してみた。
通常のWEBサーバであれば、取得した公開鍵や証明書をサーバにUPして、Apacheに飲み込ませるのが一般的。
しかし、ロードバランサーを使う場合、大抵の場合はロードバランサー側に設定するのだ。
そうしないと、サーバを増やす毎にSSLの設定が必要とかいう面倒なことになるからだ。
SSLはRapidSSLで購入。安い上に即時発行なのが嬉しいところ。
ELBにも当然のようにSSLアクセラレータが付いています。
ELBへの設定はとっても簡単でした。
▼このサイトが参考になりました。
2014-08-06_110135.jpg
EC2コンソールからLoadBalancerを選び、Listnerに443(SSLのポート)を追加するのみでした。
追加するタイミングで、公開鍵や証明書を登録するだけでした。
あとは、ロードバランサー側で上手いこと繋いでくれました。
便利この上ないですね。AWSは。慣れれば最高に使いやすいクラウドかもしれません。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

centos6系にyumでnginxをインストール

目次 nginxとはyumでインストールリポジトリインストール本体インストールインストール確認(バージョン確認)nginxを使うならVPS関連 nginxとは apacheやIISと並んで最近注目され …

no image

GITサーバにssh接続でpermission denied(publickey)

GITサーバにSSH経由でpushするときにエラー発生。 Permission denied (publickey). 接続時になにかエラーが起きているようだ。 それを調べるには「-vvv」オプション …

no image

AWS S3を使ってみる

Amazonサービスの1つ「S3」を使ってみる。 堅牢性99.9999999%と、ほぼデータが消えない安心感が魅力。 従量課金なので使わなければ料金が発生しない仕組み。 操作感や考え方は直感的にわかる …

PHPでPOSTかGETかを判定する

PHPでPOST/GETを判定する場合は、以下のコードで調べることが可能。 POSTのみおよび、GETのみで処理を分岐する場合に使える。   if($_SERVER[“REQUEST_MET …

no image

SNI SSLでの常時SSLにご注意を(さくらレンタルサーバー)

SNIタイプSSLでの常時SSL化をするときの注意点をご紹介!   目次 SSLとはSNI SSLとはCMSでは要注意通常のサーバーですと、、SNI SSLサーバーですと、、対処法(さくらレ …