ブログ

セッションタイムアウトを設定する

投稿日:2014年8月1日 更新日:

セッションタイムアウトと聞くとまず思いつくのがhttpdのセッションタイムアウト。
ec2のhttpdのデフォルトは60秒になっている。
WEBアプリのCSVアップロードを試したところ、60秒では全く足りなくてタイムアウト時間を調整。
60秒→300秒に調整した。
しかし、状況が変わらないもうやだ〜(悲しい顔)
php側の設定なども問題なし。
よくよく見ると、apacheに到達する前にタイムアウトになっているようだった。
そこでELBを疑ってみた。すると。。
2014-08-01_152446.jpg
あるじゃないですか!こんな項目が!
デフォルトは60になってます。
それを400にアップグレード!
すると、タイムアウトエラーが解消されましたexclamation×2
めでたしめでたし るんるん

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

EC2にFTPインストール

AWSでFTPは(たぶん)非推奨。セキュリティグループでFTPの項目が出てこないのです。 おそらく、SCPが推奨されてるんだと思います。 とはいっても、普段の開発でFTPの方が断然慣れてるよ! という …

no image

メールサーバにGoogleを使用する

AWSじゃないけど。 メールサーバを作るのが嫌になってきました で、調べていたら、AWSにはSESというサービスが有る。 でも、それは送信のみのサービス。受信したい場合は使えない。 で、さらに探してい …

no image

EC2のWebサーバにSSLを導入する

個人情報を扱う会員制サイトには必須の存在であるSSL。 HTTP経由で通信されるバイト情報を、暗号化して情報の漏洩を防ぐのが目的だ。 個人情報を扱うサイトで、URLの先頭がhttpsになっていないペー …

no image

BarracudaでMySQLのチューニング

MySQL5.5から追加されたBarracuda機能で性能改善。 理屈的には通信データを圧縮することで転送時間を短くすることで、性能が早くなるということ。 圧縮が発生するということはCPUパワーを使う …

no image

AWS SESサービスを使ってみる

AWSに最近登場したサービスSES メール送信サーバ(SMTP)です。 メールサーバを作るには、DNSの仕組みを理解する必要があったり、なかなか曲者。 迷惑メール対策も必要なんだけど、マニュアルも難し …