ブログ

セッションタイムアウトを設定する

投稿日:2014年8月1日 更新日:

セッションタイムアウトと聞くとまず思いつくのがhttpdのセッションタイムアウト。
ec2のhttpdのデフォルトは60秒になっている。
WEBアプリのCSVアップロードを試したところ、60秒では全く足りなくてタイムアウト時間を調整。
60秒→300秒に調整した。
しかし、状況が変わらないもうやだ〜(悲しい顔)
php側の設定なども問題なし。
よくよく見ると、apacheに到達する前にタイムアウトになっているようだった。
そこでELBを疑ってみた。すると。。
2014-08-01_152446.jpg
あるじゃないですか!こんな項目が!
デフォルトは60になってます。
それを400にアップグレード!
すると、タイムアウトエラーが解消されましたexclamation×2
めでたしめでたし るんるん

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

固定IPにElasticIP

固定IPを割り振るには、やはりElasticIPを使うので正解でした。 左メニューの中から「Elastic IP」を選びます。 取得するのは非常に簡単なので詳細は割愛。 「Allocate New A …

no image

EC2コンソールのStopとTerminate

インスタンスを停止する時に、2つのコマンドがある ・stop ・terminate この2つには、かなり大きな違いが合った! stop:停止 terminate:永久破棄 消しちゃうのだ(笑) 間違え …

no image

ELBにSSLを設定する

ELBにSSLを設定してみた。 通常のWEBサーバであれば、取得した公開鍵や証明書をサーバにUPして、Apacheに飲み込ませるのが一般的。 しかし、ロードバランサーを使う場合、大抵の場合はロードバラ …

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …

PHPでPOSTかGETかを判定する

PHPでPOST/GETを判定する場合は、以下のコードで調べることが可能。 POSTのみおよび、GETのみで処理を分岐する場合に使える。   if($_SERVER[“REQUEST_MET …