ブログ

AWS SESサービスを使ってみる

投稿日:2014年7月24日 更新日:

AWSに最近登場したサービスSES
メール送信サーバ(SMTP)です。
メールサーバを作るには、DNSの仕組みを理解する必要があったり、なかなか曲者。
迷惑メール対策も必要なんだけど、マニュアルも難しいので慣れていない人には難しい。
でも、SMTPサーバーが欲しい。というときに便利なサービスです。
送信専用なので受信は出来ません。
awsses.jpg
SMTPを通過するには認証情報が必要です。
認証方法は2通りあります。
  • メールアドレス認証
  • ドメイン認証
単一のメールアドレスから送信する場合は、前者を選択。
同一ドメインの複数のメールアドレスから送信する場合は、後者を選択。
ドメイン認証を使うには、DNSの設定が必要なので、DNSを触ったことない人は危険です。
DNSはインターネットの根幹なので、慎重にしましょう。
送信したら送信した分だけ課金されるので、それを加味して選定が必要だ。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

digコマンドでDNSの切り替え待ち時間を知る

DNSはレコードなどを変更した後に必ず浸透時間が発生します。 浸透時間は仕組み上、回避不可能なので、浸透時間を踏まえて計画をする必要があります。     DNSの仕組みについては別 …

no image

WEBサーバからDBサーバに繋いでみる

RDSを使って、MySQLサーバを作るところまでは、前回の記事で紹介したとおり。 インスタンスは何度も作り直しができるから、1回で上手く行かなくても諦めずに頑張ってね。 さて、EC2でWEBサーバを構 …

no image

ELBのHealth Checkの反応が遅い?

ELB = Elastic Load Balancer 負荷分散装置。 WWWサーバへの負荷を分散させる仕組みだ。 EC2の上位に配置した。というか、ELBに振り分けるEC2を割り当てた。 ELBの特 …

GMOクラウド(Altus)IPベースのSSL設置に注意

目次 GMOクラウド(Altus)はNATが使われているIPベース VirtualHost指定するIPアドレスに注意関連 GMOクラウド(Altus)はNATが使われている GMOクラウド(Altus …

no image

cpコマンドで強制的に上書きしたい!

Linuxでファイル操作をしていると必ず出てくるのがコピー処理。 Windowsの場合は、Ctrl+C→Ctrl+Vの組み合わせで出来ますね。 そう、コピペです! Linuxの場合は、cpコマンドでコ …