ブログ

info宛にメールが送れない?

投稿日:2014年10月21日 更新日:

某サーバ(AWSじゃないです)にて、postfix+dovecotでメールサーバを構築。
インストールや設定などは、ググって難なく設定完了。
とりあえず、メールサーバの仕様。
・送信ポートは587
・SMTP-AUTHは必須
至ってい標準的なメールサーバです。
導入するOSはCentOS6.5。
諸々アカウントを作って送受信テストをしてみたのですが。
1つのアカウントのみ送受信できない謎の事象にハマりました。。。
28E2F39006AF: to=<root@xxxxxx.com>, orig_to=<info@xxxxxx.com>, relay=local, delay=0.28, delays=0.19/0/0/0.08, dsn=2.0.0, status=sent (delivered to maildir)

info宛に送ったメールが、rootのメールフォルダに送られていますもうやだ〜(悲しい顔)

infoという名前に問題があることには、ピンと来ました。
あとは、どこで余計な制御をしているかを特定するのみです。

そんな時は、考えるよりも、Google先生に聞いてみよ―手(チョキ)
ソッコーで見つかりました(笑)
http://norm-nois.com/blog/archives/1561

そうです。aliasなんですよ。

/etc/aliasesファイルをviで開いて、infoユーザのところをコメントアウトするだけです。

info: postmaster
 ↓
#info: postmaster

その結果、正常にメールが送れるようになりましたーわーい(嬉しい顔)


\子どもたちに大人気のディズニーキャラクターおせち/

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

gmail経由でdocomo宛にメールが届かない

メールサーバの構築を検討しています。 普段であれば、postfixを使ってサーバを立てるのですが、outbound25対策を考えるのが面倒になってきたので、googleのsmtpサーバ経由で送信するこ …

no image

知らずに使うほど怖いものはない

以前にも述べたように、AWSは底なしに広がるインフラ環境だ。 一見するとすごく便利で良いことづくしにも見えるが、世の中にそんなものは存在しないのだ。 AWSはクラウドにありがちなオンデマンド課金である …

no image

RDSのtimezoneが"UTC"固定だったとは。。

拡張性もフレキシブルで世界規模で可用性も高いという評判だけど。 やはりそんな単純にはいかないのがインフラの世界。 必ずどこかでハマります EC2⇔RDS(Mysql)でLAMP環境を作ったのですが。 …

no image

適正なバッチ起動方法

phpやjavaなど、言語を問わずに必要となるのがバッチプログラム。 フロントで処理させるよりも、バックグラウンドで処理させた方が適しているときに使いますよね。 ・内部でデータを集計したいとき ・フロ …

GMOクラウド(Altus)IPベースのSSL設置に注意

目次 GMOクラウド(Altus)はNATが使われているIPベース VirtualHost指定するIPアドレスに注意関連 GMOクラウド(Altus)はNATが使われている GMOクラウド(Altus …