ブログ

googleのメールサーバを活用

投稿日:2014年11月20日 更新日:

インフラを担当してかれこれ7~8年になります。
いろんな環境を作ってきました。
が、7~8年目にして、メールサーバの構築を諦めました(笑)
理由はリスクが高すぎるからどんっ(衝撃)
ビジネスモデルによっては、独自のメールサーバで自由自在に送りたい。
というのもあるだろう。
しかし、私としては、DNSに直結するサーバーに関しては、
中途半端なスキルで対応するのは危険すぎると思うのです。
ということで、メールサーバが必要になった場合は、Googleを使うことにした。
送受信ロスという恐ろしいことに、巻き込まれたくないのだ。
Google Apps for businessを使えば、モノの数分で設定完了。
DNSも管理している場所によっては、Googleが自動でやってくれたりもする。
なんとも素晴らしい仕組みである。
クラウド化が進化した今、一から根性でサーバを建てるよりも、
低額で使えるサービスを活用したほうが、全然プラスなのだ。
ただし、世界のGoogleとはいえ、規制があるようだ。
セキュアだからこその規制なのだが、そこは工夫次第で回避可能。
▼送信上限数にご注意を!
サーバの勉強をするなら、わざわざハードを買って根性で勉強するよりも、
低額のroot権限付きのVPSを使ったほうがスマートだね。
もっともっとスキルアップしないと。と思う、今日このごろです。
諦めたとはいえ、メールサーバも突き詰めたいのも本音だったり(笑)

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

次世代SNSのTsuに登録してみました

新手の次世代SNSとして話題の「Tsu」に登録してみました。 Facebookと違い、マメに投稿する人に収益が出る仕組みが特長のようです。 まだ登録しただけなので、詳しくはわかりませんが、使ってみよう …

no image

tmp領域のチューニング

MySQLのCPU使用率が300%()を超える事態に襲われている。 原因をいろいろ調査するも、明確な打開策は見いだせず そんな中、見つけたのがtmp領域のチューニング。 http://k-1-ne-j …

no image

SNI SSLでの常時SSLにご注意を(さくらレンタルサーバー)

SNIタイプSSLでの常時SSL化をするときの注意点をご紹介!   目次 SSLとはSNI SSLとはCMSでは要注意通常のサーバーですと、、SNI SSLサーバーですと、、対処法(さくらレ …

no image

AWSを初めて見た

大手ショッピングサイトの代名詞でもあるAmazonが提供するAmazon Web Service 属に言われるクラウドコンピューティング。 物理サーバを買う必要も無く、なによりもデータの保全性が高いと …

no image

ElastiCacheでmemcache

ElastiCacheでmemcache。 インスタンスの生成は前回お知らせしたとおり、基本的にクリックのみw 超簡単。 ポイントは2つかな。 1.Subnet Group VPCのどのSubnetか …