ブログ

AmazonWebServiceのアカウント作成

投稿日:2014年4月9日 更新日:

AmazonWebServiceを使うにはアカウントが必要です。
アカウントの取得には、以下のものを手元に準備しましょう
・電話(携帯/固定どちらでも可)
・クレジットカード
↓のページにアクセスして、「無料アカウント作成」ボタンを押します。
aws_create_acount01.jpg
ユーザとパスワードの入力を求められるので、「I am user user」を選択して、「sign in using ..」のボタンを押しますと、名前などの入力を求められます。
特に注意することはないので、ガイダンスに沿って入力を進めます。
アカウント作成においてのポイントは2つ。
1.実在する電話番号であること
アカウント登録中に電話による認証があります。
必ず、手元に用意した電話番号を登録しましょうわーい(嬉しい顔)
2.有効なクレジットカードであること
AWSの使用料は原則クレジットカードでの支払いになります。
普段お使いのクレジットカードを使いましょう。
VISAとJCBは使えましたよ。その他は試してないのでなんとも。。。。
▼クレジットカードをお持ちじゃないなら、セブンカード
上記2つ以外は特に注意することもないので、淡々と入力を進めましょう。
ログインから先の話は、また後日。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

Jaws-UG 北陸勉強会 at 金沢

Jaws-UGのセミナーに来ました。 金沢のITビジネスプラザです。 本格的に使い始めてからの参加なので、少々気持ち的にも違います。 本当にいろいろ出来るインフラアーキテクトが面白い。 けど、底なしな …

no image

ELBへのElastic IPを割り当てる?

ELB = Elastic Load Balancer 通常WWWサーバよりも上位に置くため、WWW上のアクセスを真っ先に受け付ける。 そのため、通常はELBにグローバルIPを割り振るのが普通だ。 し …

no image

AWS SESサービスを使ってみる

AWSに最近登場したサービスSES メール送信サーバ(SMTP)です。 メールサーバを作るには、DNSの仕組みを理解する必要があったり、なかなか曲者。 迷惑メール対策も必要なんだけど、マニュアルも難し …

no image

適正なバッチ起動方法

phpやjavaなど、言語を問わずに必要となるのがバッチプログラム。 フロントで処理させるよりも、バックグラウンドで処理させた方が適しているときに使いますよね。 ・内部でデータを集計したいとき ・フロ …

no image

MySQL5.1→5.6 アップデート

MySQLが超高負荷状態で頻繁にロックするため、いろいろ調査した結果、とりあえずバージョンアップは必須。となりました。 ということで、MySQLを5.1→5.6にアップデートしました。 ThinkIT …