ブログ

AmazonWebServiceのアカウント作成

投稿日:2014年4月9日 更新日:

AmazonWebServiceを使うにはアカウントが必要です。
アカウントの取得には、以下のものを手元に準備しましょう
・電話(携帯/固定どちらでも可)
・クレジットカード
↓のページにアクセスして、「無料アカウント作成」ボタンを押します。
aws_create_acount01.jpg
ユーザとパスワードの入力を求められるので、「I am user user」を選択して、「sign in using ..」のボタンを押しますと、名前などの入力を求められます。
特に注意することはないので、ガイダンスに沿って入力を進めます。
アカウント作成においてのポイントは2つ。
1.実在する電話番号であること
アカウント登録中に電話による認証があります。
必ず、手元に用意した電話番号を登録しましょうわーい(嬉しい顔)
2.有効なクレジットカードであること
AWSの使用料は原則クレジットカードでの支払いになります。
普段お使いのクレジットカードを使いましょう。
VISAとJCBは使えましたよ。その他は試してないのでなんとも。。。。
▼クレジットカードをお持ちじゃないなら、セブンカード
上記2つ以外は特に注意することもないので、淡々と入力を進めましょう。
ログインから先の話は、また後日。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

GITサーバにssh接続でpermission denied(publickey)

GITサーバにSSH経由でpushするときにエラー発生。 Permission denied (publickey). 接続時になにかエラーが起きているようだ。 それを調べるには「-vvv」オプション …

no image

megthsってなんだ?

AWSではなく、さくらの専用サーバで不思議なことが起きた。 サーバの負荷が高く、topコマンドで状況を確認すると、1つだけCPUを大量に使っているプロセスがいた。 そのプロセスのコマンドを見ると、me …

no image

nginx(エンジンエックス)の性能を検証してみた

nginx性能検証 workerプロセスで大量アクセス処理に向いていると評判のnginx 性能検証をしてみた。   検証環境 ◎サーバー さくらVPS 16G プラン OS:CentOS6 …

no image

ElastiCacheでCacheサーバ構築

WEBサービスの高速に欠かせないCache機能を導入してみます。 AWSにはElastiCacheというCacheサービスが有りますので、それを使います。 一昔前は手動でmemcachedを入れたりし …

no image

SVN サーバ構築

ライブラリ管理のSVNサーバをEC2上に構築しました。 EC2インスタンスを起動し、httpdが起動しているところまで準備します。 (手順な省略。ググってみてください) SVNインストール yumコマ …