ブログ

AmazonWebServiceのアカウント作成

投稿日:2014年4月9日 更新日:

AmazonWebServiceを使うにはアカウントが必要です。
アカウントの取得には、以下のものを手元に準備しましょう
・電話(携帯/固定どちらでも可)
・クレジットカード
↓のページにアクセスして、「無料アカウント作成」ボタンを押します。
aws_create_acount01.jpg
ユーザとパスワードの入力を求められるので、「I am user user」を選択して、「sign in using ..」のボタンを押しますと、名前などの入力を求められます。
特に注意することはないので、ガイダンスに沿って入力を進めます。
アカウント作成においてのポイントは2つ。
1.実在する電話番号であること
アカウント登録中に電話による認証があります。
必ず、手元に用意した電話番号を登録しましょうわーい(嬉しい顔)
2.有効なクレジットカードであること
AWSの使用料は原則クレジットカードでの支払いになります。
普段お使いのクレジットカードを使いましょう。
VISAとJCBは使えましたよ。その他は試してないのでなんとも。。。。
▼クレジットカードをお持ちじゃないなら、セブンカード
上記2つ以外は特に注意することもないので、淡々と入力を進めましょう。
ログインから先の話は、また後日。

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

ElastiCacheでmemcache

ElastiCacheでmemcache。 インスタンスの生成は前回お知らせしたとおり、基本的にクリックのみw 超簡単。 ポイントは2つかな。 1.Subnet Group VPCのどのSubnetか …

no image

HDDの容量が満タンになってしまった!

トラブルは突然やってくる。 AWSのHDDが限界に達してしまったのだ とりあえず、HDDの容量を増やすしか無い。 真っ先に考えたのが、インスタンスタイプの変更。 これで自動的にHDDの容量が増えるもの …

no image

nginxを導入してみた

世界的にメジャーなWEBサーバといえば apache (Apache Software Foundation!) IIS (Microsoft) apacheはLinux系のWEBサーバなら大抵の人が …

no image

post commit FS processing had error:

post commit FS processing had error:SVNにコミット時に起きるエラー。パーミションの変更で解消できる(例) chmod 664 /home/svn/Project/ …

no image

RDSを無料にするには、Backup設定も加味する必要があった

RDSでmysqlサーバを構築した。 容量は20GBで無料枠にしたつもりだった。 しかし、どうもそれだけでは足りないらしい。 ▼このサイトが参考になりましたよ http://goo.gl/kZxWHD …