ブログ

固定IPにElasticIP

投稿日:2014年4月11日 更新日:

固定IPを割り振るには、やはりElasticIPを使うので正解でした。
elasticip.jpg
左メニューの中から「Elastic IP」を選びます。
取得するのは非常に簡単なので詳細は割愛。
elasticipget.jpg
Allocate New Address」でIPアドレスを取得したら、対象のインスタンスに割り当てましょう。
Associate Address」を押すと割り当て対象のインスタンスを選択できるので、割り当てたいインスタンスを選択します。作業はこれだけで、割り当てられます。
割り当てた後、IPアドレスが浸透するまでに最大24時間かかるとガイドに書いてありますので、接続できない場合は、しばらく放置してみましょう。
▼こちらが参考になりました

-ブログ

執筆者:

関連記事

GMOクラウド(Altus)IPベースのSSL設置に注意

目次 GMOクラウド(Altus)はNATが使われているIPベース VirtualHost指定するIPアドレスに注意関連 GMOクラウド(Altus)はNATが使われている GMOクラウド(Altus …

no image

BarracudaでMySQLのチューニング

MySQL5.5から追加されたBarracuda機能で性能改善。 理屈的には通信データを圧縮することで転送時間を短くすることで、性能が早くなるということ。 圧縮が発生するということはCPUパワーを使う …

no image

Billingでコスト管理

AWSは底なしにスケールアップできて堅牢性も高く安全性も高い。 そこまでインフラの知識がなくても、比較的簡単にサーバが作れてします。 一見見た目は、凄く便利でありがたいサービスだ。 しかし、使えば使う …

no image

ElastiCacheでCacheサーバ構築

WEBサービスの高速に欠かせないCache機能を導入してみます。 AWSにはElastiCacheというCacheサービスが有りますので、それを使います。 一昔前は手動でmemcachedを入れたりし …

no image

セッションタイムアウトを設定する

セッションタイムアウトと聞くとまず思いつくのがhttpdのセッションタイムアウト。 ec2のhttpdのデフォルトは60秒になっている。 WEBアプリのCSVアップロードを試したところ、60秒では全く …