ブログ

固定IPにElasticIP

投稿日:2014年4月11日 更新日:

固定IPを割り振るには、やはりElasticIPを使うので正解でした。
elasticip.jpg
左メニューの中から「Elastic IP」を選びます。
取得するのは非常に簡単なので詳細は割愛。
elasticipget.jpg
Allocate New Address」でIPアドレスを取得したら、対象のインスタンスに割り当てましょう。
Associate Address」を押すと割り当て対象のインスタンスを選択できるので、割り当てたいインスタンスを選択します。作業はこれだけで、割り当てられます。
割り当てた後、IPアドレスが浸透するまでに最大24時間かかるとガイドに書いてありますので、接続できない場合は、しばらく放置してみましょう。
▼こちらが参考になりました

-ブログ

執筆者:

関連記事

no image

セッションタイムアウトを設定する

セッションタイムアウトと聞くとまず思いつくのがhttpdのセッションタイムアウト。 ec2のhttpdのデフォルトは60秒になっている。 WEBアプリのCSVアップロードを試したところ、60秒では全く …

no image

megthsってなんだ?

AWSではなく、さくらの専用サーバで不思議なことが起きた。 サーバの負荷が高く、topコマンドで状況を確認すると、1つだけCPUを大量に使っているプロセスがいた。 そのプロセスのコマンドを見ると、me …

no image

Trusted Advisor がコンソールで使えるようになったようです。

公式ブログでも案内が出ていますが、Trusted Advisorという機能がAWSコンソール上から標準で使えるようになったようです。 http://aws.typepad.com/aws_japan/ …

no image

EC2にFTPインストール

AWSでFTPは(たぶん)非推奨。セキュリティグループでFTPの項目が出てこないのです。 おそらく、SCPが推奨されてるんだと思います。 とはいっても、普段の開発でFTPの方が断然慣れてるよ! という …

no image

memcacheを使う

サーバが複数台になると、セッションを共有しておかなければならない。 セッションが共有されないと、サーバの割り振りが変わるタイミングで、買い物中のかごの中身が空になってしまう セッションの保存方法は3つ …