ベアメタルサーバーとは?いいところ。わるいところ。

ベアメタルサーバーとは?

ベアメタルサーバーとは2種類の意味を持ちます。

 

1つ目:無機質サーバー

契約直後はOSなど、サーバーとして最小限必要なものも導入されていない状態です。

ユーザー側の判断で自由に構成が組み立てられるメリットがあります。

 

2つ目:ホストOSを持たないハイパーバイザー方式

従来の仮想化サーバーだと、ホストOS上に仮想化ソフトを導入していました。

時代が進み、ホストOSなしで仮想サーバーが導入できるようになりました。

 

ハイパーバイザーイメージ

ハイパーバイザーイメージ

 

CPUやメモリと密接するハードウェア部分と仮想マシンとの間がなくなるため、

サーバーリソースの無駄が軽減できるメリットがあります。

 

また、ホストOSや仮想化ソフトによる弊害も減り、仮想マシン独自の性能が向上します。

サーバー性能が従来よりも発揮しやすくなったサーバーとも言えます。

 

ベアメタルのいいところ・わるいところ

ベアメタルにも長所・短所があります。

わかりやすく解説します。

 

 

○ベアメタルのいいところ(メリット)

ベアメタルも一種のクラウド型サーバーなので、構成が自由です。

サーバーの追加・削除だけでなく、スケールアウトも非常に簡単な操作で可能です。

 

1.バックアップが容易

バックアップもサーバー単位でイメージ化でき、リストアもワンクリックで可能。

大抵のベアメタルでは大容量ストレージが備わっており、ストレージ内にバックアップを保管します。

ストレージの容量は数テラバイト単位で使えるため、容量の心配は皆無です。

2.トラフィック監視が容易

作成したサーバーのトラフィック状態は、管理画面から確認できます。

特に新たに負荷状況監視ソフトを導入しなくても、最低限以上のことが確認できます。

負荷状況を見ながら、スケールの調整が出来るので運用もしやすいです。

3.プライベートクラウドが作れる

ベアメタルの中には独自のプライベートクラウド空間を作れるものもあります。

オリジナリティのあるプライベートクラウドで稼動させるということも出来ます。

4.サーバーの複製はわずか3つのステップ

1.稼働中のサーバーをイメージ化(バックアップ)

2.別サーバーとして起動

3.ロードバランサー配下に登録

 

たった3つの手順でサーバーの増設が出来ます。

 

当然オンサイト(稼働中)の状態で作業が出来るので、

サービスのダウンタイムにも影響しません。

×ベアメタルのわるいところ(デメリット)

1.専門知識が必須

ネットワークやサーバー、Linuxといった分野の専門知識が必須となります。

トラフィック状況の見方もわかる必要があるし、かなり上級者向けのサーバーと言えます。

 

自由度が高いクラウド型サーバーなので、構成内容は自由に組み立てられますが、

その意味と用途を明確に設計できないと、危険が伴います。

2.提供業者の対応態度が重要

専門知識があったとしても、サーバー内部や提供されている環境の詳細までは把握し切れません。

そうなると、提供業者のサポート態度が非常に重要になります。

 

ベアメタルを試験的に使われる方や、チャレンジ精神を持って導入される方にとって、サポートは非常に重要です。

導入する前に、サポートの良し悪しを見極めてから導入することをおススメします。

3.コストが比較的高い

専用サーバーやレンタルサーバーに比べると、コストが比較的高めです。

コストを十分に把握した上で導入・契約を進める必要があります。

 

ベアメタルサーバーの適正

ベアメタルサーバーが向いているWEBシステムを紹介します。

C to C 通販サイト

C to C の通販サイトは、バイヤーと購入者からのアクセスが見込まれるため、アクセス数が劇的に増える可能性があります。つまり、サーバー拡張の柔軟性が非常に重要となるので、ベアメタルサーバーが適正になります。

 

ビッグデータ データ解析システム

ビッグデータのデータ解析はシステムリソースを大量に消費します。

最近は高火力専用サーバーも登場していますが、データの増量によっては耐え切れなくなる可能性もあります。

データ増加量が著しく増えていくようであれば、ベアメタルの導入が最適になります。

 

公共性の高いWEBサービス

電車・バスなどの公共交通機関の運行状況など、公共性が高いWEBサービスで適正です。

利用者が多く、大量のアクセスが見込まれるので、ベアメタルを使用したほうが良いでしょう。

 

ベアメタル提供会社

ベアメタルを提供している会社はまだ少ないです。

近い将来AWSも導入を発表していますが、まだまだ発展途上です。

現在提供している会社を紹介します。

 

 

Kagoya Japan

レンタルサーバーや専用サーバーを提供している会社ですね。

ベアメタルも提供しています。

 

→ 詳細はこちら

 

株式会社リンク

レンタルサーバーや専用サーバーを提供している会社です。

ブレインエンジンというメール配信サーバーも提供してます。

実際に使ってみましたが、使いやすかったしサポートも良かったです!

 

→ 詳細はこちら

投稿日:

執筆者: